アラプラスで血糖値ダウンの効果

今や糖尿病は国民病であり、成人の6人に1人が糖尿病予備軍と言われています。


糖尿病予備軍は、今は糖尿病にはなっていないが、将来そうなる可能性の高い症状の人たちです。


しかし、適切に対処すれば、充分、糖尿病に進行するのを防げる領域にいるのです。


ですから、いかにして早い段階で血糖値を下げるかが大切です。



アラプラスは、血糖値ダウンに効果があると話題になっています。

そのしくみは、アミノ酸ALAが、糖を燃焼させてエネルギーに変換するのを助けるというもので、その効果は臨床試験でも証明されているようです。

従来は、糖の吸収を抑えることで血糖値ダウンに貢献していた商品がほとんどでしたが、アラプラスは、糖の燃焼を促すという新しい発想で血糖値の上昇を抑制します。



アラプラスを適切に摂取することで、食後の血糖値の上昇が緩やかになるとのデータが実証されており、特に、血糖値を処理する能力が低い人により効果的だということです。

アラプラスは血糖値ダウンに効果が認められる、機能性表示食品として、消費者庁に届出が受理されているようです。


機能性表示食品とは、特定保健用食品に次いで効果を認められた食品を示す制度として2015年にスタートしたものです。

ALAは、味噌や黒酢、その他緑黄色野菜にも含まれていますが、非常に微量で、これを血糖値ダウンに効果がある量を摂取するには、かなりの量の野菜を食べる必要があります。



ですから、カプセルに必要量を凝縮したアラプラスを摂取すれば、効率的な糖尿病対策が期待できるでしょう。